2Dデザイナーの転職に必要なポートフォリオ作成のポイントと注意点

2Dデザイナーの転職に必要なポートフォリオ作成のポイントと注意点

LEARNING 2023.4.21

こんにちは。QOGL+編集部のぶなしめじです。

2Dデザイナーが転職する時に必要となるポートフォリオですが、コンフィデンスでも選考前にご提出をお願いしております。
私ぶなしめじは、採用担当としてクリエイターの皆さまのポートフォリオを拝見できるのをとても楽しみにしています。しかし、一方でもっとスキルをアピールできるポートフォリオにできそうだな!と感じることもあります。

そこで今回は、2Dデザイナーの転職にポートフォリオが必要となる理由から記載すべき項目まで、採用担当の目線で作成のポイントをお伝えいたします。
当社への応募をご検討されている方はもちろん、ゲーム業界でご就業中の方もぜひご確認いただき、今後の転職活動の際の参考にしていただけたら幸いです。

ポートフォリオはなぜ必要?

そもそもなぜ、2Dデザイナーが転職する際にポートフォリオが必要なのかというと、デザイナーが持つスキルは、履歴書や職務経歴書のような文字情報だけでは伝えにくい部分があるからです。
2Dデザイナーの技術的なスキルを補完するための資料として、当社以外でもポートフォリオのご提出を求められることは多いかと思います。

そのため、ポートフォリオ=「自身のこれまでのスキルや実績をアピールするための作品集」と思っていただいて問題ございません。
とはいえ、履歴書や職務経歴書と違って決まった型がなく、いざ作成するとなるとなかなかに難しい……といったお話を伺うこともあります。
そこで、自身のスキルやこれまでの実績をよりアピールできるポートフォリオの作り方と、採用担当者はポートフォリオからどんな情報を読み解いているのかをお伝えします。

ポートフォリオに入れるべき基本項目・基本要素

ポートフォリオ=自身のこれまでのスキルや実績をアピールするための作品集ですので、まずはこれまで制作した作品の中で、自信のあるものをピックアップして並べていきましょう。
その際、できるだけ実務で制作したものや、個人制作の場合はしっかり描き込んだ・作り込んだ作品を選ぶのが理想です。

「あまり作品数を多くするとご迷惑かと思っていました」というお話をいただくこともありますが、そんなことはありません!当社に提出するポートフォリオに掲載する作品数は、多ければ多いほど嬉しく、皆さんのこれまでの頑張りやスキルを知る情報になります。掲載するべきか迷った場合にはぜひポートフォリオに入れていただけると幸いです。

ただ、自身の作品を羅列するだけではスキルや実績のアピールはしづらいですよね。ここでは、作品と共に掲載すべき内容をご紹介してまいります。

 

意外と忘れがち!制作日時・所要時間

必ず記載していただきたいのが「制作日時・所要時間」です。いつ頃・どのくらいの時間をかけて作られた作品なのかは、スキルを確認するにあたって重要な指標の1つとなるためです。作品のクオリティをはじめ、日頃の制作量などを読み解くことが可能なので、熱意や向上心を量るポイントとしています。

しかし、制作日時や所要時間は、制作中は意識しにくく、いざポートフォリオとしてまとめようとする時には覚えていなかったりすることも多いのではないでしょうか。

この項目に限った話ではありませんが、しばらく作品を溜めておいて、ポートフォリオとして一度にまとめようとすると忘れてしまったり、量が多くて作成自体に時間がかかってしまうこともありますので、ポートフォリオはこまめにアップデートすることをオススメします。

作成に使用したツール

どのイラストツールを使用したのかも記載しておきましょう。このツールを使っていないとNG、ということはありませんが、ゲーム会社によっては導入されているイラストツールがある程度決まっている企業もあるからです。

使用できるツールは全て書いてくださると、よりご自身のアピールに繋がります。
ちなみに、ゲーム業界ではAdobe PhotoshopAdobe IllustratorCLIP STUDIO PAINTがよく使われているイラストツールです。2Dデザインツール系だと、他にもLive2DSpineは業務で触っている方もいらっしゃるのはないでしょうか。

弊社では動画形式のポートフォリオも受け付けております。このようなアニメーションツールは触れたことがあるだけでも、幅広い対応力が発揮できるイメージを与えるので、企業へのアピールに繋がりますよ!

作品の制作意図・制作担当箇所

作品の制作意図や、自身が担当した箇所についても記載しましょう。ゲームの制作は1人で行うものではなく、分業化されていることが大半です。

ゲーム業界で働く2Dデザイナーが一人でラフの作成からイラスト仕上げまで担当することは少なく、ラフ~線画までの担当、着彩~仕上げまでの担当、など業務が分かれていることはよくあるかと思います。
そのため、メンバーと分担して作成した作品については、自身がどの部分を担当したのかを記載すると、より正確に自身のスキル・強みをアピールが可能です。
担当箇所のビフォーアフターがあると分かりやすいですが、難しい場合はテキストだけでも記載するようにしましょう。

データ形式について

弊社の場合、PDF形式でのご提出を推奨しております。あくまで推奨ですので、もし異なる形式の場合でもぜひご提出いただけますと幸いです。

クオリティアップ◎おすすめの追加要素

ここまでお伝えした内容を入れ込んでいただけましたら、基本的な部分は網羅できていますが、下記項目も記載することでよりポートフォリオの完成度が上がります。
今までの項目は知っていたという方も、ぜひご確認くださいね。

絵柄寄せ・二次創作作品

弊社では、ポートフォリオに絵柄寄せ・二次創作作品を入れていただくことをオススメ、お願いしております!
なぜかというと、新規ゲームタイトル案件においては0からデザインをしていくこともありますが、昨今はIPタイトルを使用したゲーム案件も非常に多く、絵柄寄せのスキルが重要視されるからです。

既にあるIP作品に絵柄を寄せて描くことができるスキルをお持ちの方には、活躍できる選択肢も広がります。既存IPに似せて描くことは、流行の絵柄やデザインをの傾向を掴むことができますので、ぜひチャレンジしていただき、ポートフォリオに追加してください。

当社では大歓迎の絵柄寄せ・二次創作作品ですが、企業によっては絵柄寄せ・二次創作作品のデータの提出を禁止していることもありますので、ポートフォリオを送る前には各企業ごとに確認が必要です。
あくまで他の方が著作権を有するものですので、自身の描いた作品であると詐称する・分かりにくい記載の仕方をすることのないよう、記載への注意は必要です。

三面図

三面図とは、図のように3方向からみたデザインがわかるデータです。
特にキャラクターデザインやモデリングの際に使用され、単にキャラクターのデザイン資料として使うことも多いですが、モデリングの資料として三面図を使うことも多くなっています。

昨今、3DCGを使用したゲーム開発は多く、三面図を描くことができるというスキルは重要視されていますので、ポートフォリオへの追加をおすすめしております。

ポートフォリオ作成時の注意点

ポートフォリオには、できるだけ多くの作品を掲載していただくように面接時にお伝えしていますが、「業務上で制作されたもの」にはご注意ください。

例えば、ゲームリリース前のタイトルプロジェクトで制作された守秘義務のあるデザインデータやその他資料を、ポートフォリオへ掲載することはご法度です…
仮に世に出ている作品であっても、版元や制作会社の都合によりポートフォリオへの掲載が禁止されている場合もあります。

業務で制作した作品は、ポートフォリオへ掲載しても良いか確認していただくのがベターです。在職中の方は、退職時に制作した作品の掲載についてご確認いただくと、ポートフォリオがスムーズに作成できますよ。

まとめ

今回は主に2Dデザイナーの方に向けて、ポートフォリオ作成の注意点をお伝えしましたが、他職種の方にもポートフォリオのご提出をお願いすることもございます。
例えばプランナー職の方には、プライベートで制作された企画書をご提出いただく場合もありますし、シナリオライター職の方であれば担当したゲームのシナリオをご提出いただく場合もございます。

もし他職種の方でも、アピールできる資料をお持ちの場合にはぜひご提出をお待ちしております!
ご提出すべきか迷われた際には、お気軽にお問い合わせくださいね。

ポートフォリオの作り方をまとめたWEBサイトが多数ありますので、何を参考にすべきか迷うこともあるかと思いますが、当社においては上記のポイントを重視していますので、ぜひ今回の記事を参考にしてポートフォリオをつくってみてください!
採用担当として、皆さまのポートフォリオを拝見できることを楽しみにお待ちしております!

RECOMMEND

Close Bitnami banner
Bitnami